HOME › ABOUT US:MIKの特色

ABOUT US MIKの特色

現在、日本は国際的に非常に重要な役割を担っています。グローバル化が加速していく今、国際標準語ともいえる英語の習得は重要度を増しています。特に英会話に至っては、学校教育では習慣化されてなく、実際の英語圏の生活やビジネスのシーンと学校教育が掛け離れていることが大きく問題視されています。様々な原因が考えられますが、最も重要なのは、幼少期の英会話への興味や英会話へ触れる時間だと思われます。


前橋インターナショナルキンダーガーテン(MIK)では、幼年期より「楽しく、自然に」英会話に触れ馴染むことで、学校教育以前に英語への基礎を養い、苦手意識や心の壁を取り払うことが、習得の大きな助けになると考えています。MIKでは、英語ネイティブの外国人先生が英語で、日本人の先生が日本語で、概ね半分半分の割合で教育・保育を行うシステム『Immersion Program(イマージョンプログラム)』を採用しています。両言語の習得と共に、外国の異文化・異価値観に柔軟に対応していける芽生えを養います。


小規模幼稚園の前橋インターナショナルキンダーガーテン(MIK)では、少数制でしかできない、子どもの個性や自発性を育む教育を行っています。(前橋市保育課管轄の認可外幼稚園です。所定検査を合格していますのでご安心下さい)『I can do it myself(自分でできる)』をモットーに、教えすぎず、考えさせる指導を行います。
子どもの個性を重んじ、能力や才能を育成します。自発的な活動としての「遊び」を通して、心身の調和のとれた発達の基礎を養います。また、造形美術(工作・絵など)の時間では「豊かな感性と情操」を育て表現力を高めます。学校教育の前に養うべき「積極性」「可能性」「個性」そして、「自分でできる」喜びが、子どもの未来に大きな勇気と可能性を与えると信じます。


前橋インターナショナルキンダーガーテン(MIK)では、「テーマワーク」というオリジナルプログラムを行っています。毎週、様々なテーマで教育・保育を行っていきます(例えば、宇宙や恐竜、食べ物や世界のおとぎ話etc…)。子どもたちの興味を生かし、積極的な学習意欲の基で効果的な教育を行います。MIKには数多くのオリジナルプログラムがあり、子どもたちの好奇心は無限大に膨らみます。
また、MIKは、2歳から6歳までの異年齢(5段階の年齢差)の園児が基本的な園生活を送るファミリーグルーピングを採用しています。この異年齢保育は、能力の近いお手本や見本を見ることで学習の速度や能力を飛躍的に上げ、年下の子どもの面倒やお手伝いを行うことで、協調性や忍耐力、そして感性を大きく育みます。
更にレッスンやプログラムに応じて2つのグループに分けています。
ファミリーグルーピング詳細はこちら

これらの前橋インターナショナルキンダーガーテン(MIK)の特色のある教育は、これからの国際社会の中で、未来ある子どもたちに多様な可能性と選択肢を与え、夢と希望をもたらすものと考え、子どもたちの「笑顔」を心より願っています。

ページトップへ